アジングを始める初心者 まずはここからみてね【初心者必見】

アジングを始める初心者 まずはここからみてね【初心者必見】

画像

 

2019-10-28
この記事の概要
これからアジングを始める入門初心者の方が、必要最低限の道具を揃えていくにあたり、必要最低限の道具とは?
どの道具が良いのか?
費用はどれぐらい掛かるのか?
など、無駄にならないように少しでも、参考になればと体験を基にまとめています。


画像

序章

 

まず、伝えたい大切なこと

 

これからアジングを始める、入門初心者の方へ(ご参考までに)初めから高級な道具を揃える必要はありません
カタチから入らなくても、使者(アジ)は釣れます。
初めは、必要最低限の道具があれば十分です。

 

初心者の方は、わからないままに揃えていくので(←私も同じです)結果的に、ムダになるかもしれないものに、ムダ使いをしてしまう方が多いです。

 

上位クラスの道具は、もれなく、入界してからでも大丈夫です。
一日も早くムダ使いを無くして、貯め上げたゴールドで、高級な道具を手に入れていきましょう!!

 

大切なので、もう一度
初めは、必要最低限の道具があれば十分です。

 

それから、必要最低限とは何かってことです。

魚画像

アジング魔界からの使者(アジ)がヤバい〜

 

 

画像

アジが旨すぎて大好きになりハマった

 

恥ずかしながら、私はアジ料理全般、揚げ物や焼き物がトラウマ級に苦手でした。

 

子供たちに命の大切さを伝えるべく、ファミリーでサビキ釣りに行き、豆アジ・イワシなどを釣り上げて帰り、美味しくいただくところまでが、魚釣りであると教えるために、早速、魚たちをから揚げにしていただきました。

 

親として先陣を切って食べさせていただきました。

 

(私→トラウマ級に苦手の為、内心ドキドキ全開)ところが、一口食べてみると、何とも言えないぐらいに・・うまい・・・(私→てーてって、てー・・・アジ旨すぎる・・・)子供たち、最強の笑顔で食べている。

 

子供たちから衝撃の一言『パパ、美味しいから明日も釣ってきて』と笑顔、はいっ!アジング魔界に片足を突っ込みました。

画像

 

アジング魔界を知った

 

 

画像

旨いアジをGETするために調べたおす

 

何やら、ジグヘッド?にワームをつけてアジが釣れるらしいとネットで知ってしまう。(ジグヘッド単体のアジ釣り・通称:ジグ単のアジング)

 

バス釣りやフライフィッシングをしたことがあるので、ワームがどんなものであるかはすぐにわかった。ジグヘッドは鉛のついた針であるということも分かった。

 

早速、近所の魔界村(釣具店)に行ってみたが、ジグヘッドとワームの種類の多さに訳が分からなくなる。

 

全くあてにならない初心者の直感を信じて、2種類づつのジグヘッドとアジってシールの貼っているワームを仕入れて、学生時代から持っていたカチカチのバスロットとガリガリと音がなるリールと仕入れた道具を持って、とある魔界(漁港)にて戦いに挑む!!

 

道具なんて、どれでも同じって思いながら!!

 

結果は、惨敗で完全敗北の丸坊主である。

 

サビキ釣りで、入れ食いだったので、かんたんに釣れると考えていた。甘かった、子供たちが楽しみにしているので保険で持ってきていた、サビキ釣りセットに変更して、再度、戦いに挑む。

 

入れ食いで釣れてしまう。と・に・か・く、く・や・し・い・・・・なぜ??

スポンサーリンク

 

 

画像

戦いには、必要最低限の道具は必要と知る

 

悔しいので、もっと調べることから始めてみた。なんでもそうだ、プロフェッショナルの使う道具は、全ての面において考えられているので、それだけ良いものなのだろう。

 

某HOW-TO的な動画等を見まくって、ロッドやリール、ラインなどについても、少しづつ知識を得ていきながら、考える日々である。

 

意を決して、魔界村(釣具店)に調査に行く。

 

独自の調査では、そこそこの物を揃えようと思うと新品で8万〜10万円位は必要に思えてきた。

 

初心者だからなのか? いろいろな物を見ていくうちに目が肥えてきて、デザインなどにも目が行ってしまう。 やはり、高いものは良く見えてしまう。

 

だがしかし、まだ駆け出してもいないうえに、ましてや初心者が道具を揃えて、これから続けていけるのか? も分からない。

 

何よりも予算的な問題がある。 8万、10万の予算組みは、なかなか腹を決めないといけない、決断と勇気が必要になってくる。 よし、新品ではなくて、中古用品はどうなんだろうか?

 

早速、近所の中古を扱う魔界村に調査に向かう。 タイミングもあると思うが、そこそこの物を全て揃えるには中古で5万〜7万円位の予算は必要に思えた。

 

新品の道具を見た後だから、思うことが多々ある状況に・・・ アジング用品を揃えるには結構費用が掛かる!!

スポンサーリンク


 

 

画像

リベンジからのようこそアジング魔界へ

 

思うことが多々ある中で、私は、予算の事もあり中古用品で揃えることに(これがのちに、あ〜あ〜ってなります)

 

5万円強ぐらいの予算で、訳も分からない状況で、7.2ftのアジングロッドと1000番のリールなどを、少しでもきれいで少しでもデザインの良いものを、選んで揃えていきました。(結果、小物等も揃えて6万円程になりました)

 

早速、前回悔しい思いをした魔界(漁港)にリベンジに! 開始2投目で手元に【コン】ってきました。 えっっなに・なに!? ドッキドキが止まらない状態続けて3投目、【コン】からの竿先ブルブルでリールごり巻きで、初めてのアジングで魔界の使者(アジ)をGET!!!!!

画像

サビキ釣りでは、見たこと無いサイズで、興奮状態!!!(恐らく22〜25cm位でした) それからも、髪の毛ぐらいに細いラインに苦戦しながらも、何投かに一度釣れる感じでした。

 

(ドッキドキが止まらない、大人の夜遊びタイム) リベンジの釣果は、20cm前後のアジ7匹でした。

 

潮氷に入れたアジと、一緒に帰りながら『アジングは道具が大切なんだ』と思い知らさせる。 アジングロッドっていうだけの事はあるなと・・・・

画像

アジング魔界に入界の方はついて来て下さい

 

画像

ロッドやリール、ラインなどの知識を深めていく日々

 

のちに分かった事ですが、購入したロッドは、某メーカーのアジングロッドで3年程前に、モデルチェンジをしたものでした。 アジングロットは、年々進化していると言っても過言ではないぐらい、毎年、いろいろなメーカーより新製品が出てきます。

 

3年前のロッド仕様となると、パッツン系のかなり張りがある感じで、掛けていく感じのロッドですね。 このロッドでも、もちろんアジは釣れます。 やや長いので、遠投用の仕掛けに向いているのかなと、思う感じと近距離の操作性に難ありと思います。

 

私は、陸っぱりのジグ単アジングが好きなので、6フィートぐらいのロッドに興味津々となっていきました。

 

掛け調子乗せ調子ロッドバランス最近よく聞きます。 掛けていく感じのロッドを使っているので、掛け調子(固めのロッド、ファースト?) と言われると何となく感じがつかめます。

 

一方で、乗せ調子(やわらかめのロッド、スロー?)とは?? オートマチックにフッキング (テンション掛けて、ライン張って、待っているだけ?) 説明などを、読んだり聞いたりするとかなり気になります。

 

↓面白くて参考になりそうな動画を貼っておきます。↓
 ※注意※中毒性あり、見たらアジング魔界に行きたくなります。

YouTube

 

いろいろと探しているうちに、アジングの有名メーカー 34(サーティーフォー)とアウトドア用品サイトのコンプリートアジングセットを発見!!

 

私が、このアジングエントリーセットをもっと早く知っていたら、モヤモヤしながら中古用品で揃えることは絶対になかった。

 

だって フルセットですから!!(あ〜あ〜ムダ使いしたなって感じです)

 

アジングロッド、リール、ライン、ショックリーダー、ジグヘッド、ワーム、特典DVDまでセットになってるみたいです。

 

 

アジングエントリーセット

 

とりあえず、これだけ装備が揃っていれば、魔界に戦いには行けます。 まず使ってみて、ロスしたり気に入ったものを、買い足す感じで使っていけますね。

 

何やらこのロッドカラーは、このセットの限定カラーだそうです。

 

↓ロッドの性能について説明動画があったので貼っておきます。↓

YouTube

画像

まとめ〜

 

みなさま〜!よ〜こそ!アジング魔界へ

 

初めは、必要最低限の道具で十分です!!

 

初めから、高級な道具は必要ない!・・・と思う。

 

だって、必要最低限の道具で、旨いアジをGETできますから!! 数年戦っていると、初めに手探りで揃えた道具は、レベルアップと共に道具箱に入れたままで、いつ入れるかわからない、レギュラー入りをずっと待っています。

 

魔界で使う道具を、参考程度に一部ピックアップしておきます。

1.フィッシュホルダー(魚つかみ) (500円〜、魔界村)
2.水汲みバケツ (800円〜、魔界村)
3.クーラーボックス (800円〜、安価な発泡クーラーでもOK)
4.ハサミ (100均など、よく切れる刃先の細いものが使いやすいです)
5.針はずし (とりあえず、100均などのラジオペンチでもOK)
6.ピンセット (100均でもOK、あるとノット組みが楽になります)
7.ジップロック (有ると何かと便利です)
8.ゴミ袋 (ゴミは持ち帰りましょう。魔界にゴミを捨てて帰ると・・・)
※魔界はとても暗いです。
 釣行時間によっては、ヘッドライト等たいまつの明かりが必要です。
※魔界に戦いに行く際は、ライフジャケットを装備しましょう。

関連記事

 

スポンサーリンク