釣り 【ハサミ】 アジングで魚を締めるときも使える物はこれ

釣り【ハサミ】アジングで魚を締めるときも使える物はこれ

ハサミ画像

 

2019-11-9
この記事の概要
いろいろな場面で活躍する、ハサミについて使用感や感じた事を、私なりにまとめています。


画像

やっぱり、先が細いタイプが使いやすかった

 

普通のハサミではダメなのか? 普通のハサミだと、すぐにサビてしまうのか? どれもこれも使ってみないと分からない。 先で、無駄になら無いように!

 

画像

アジングで魚も締めれるハサミはこちらです。

画像

魚を締める用とラインカット用のハサミは分けた方が良いのか?

 

基本的には、魚を締める用と共用でも問題はない! しかし、分けておく方が衛生面は良い。

 

魚を締めるのに使うと、血などが付着するので、使うたびにバケツで洗っていると時間がもったいない。 別でラインカット用ハサミを用意することをおススメします。 魔界村には、爪切りみたいなラインカッターなどがありますが、私が思うには100円ショップで売っている物でも、問題ないかとラインを切るだけなら、小さな糸切りばさみでOKです。

 

 

画像

ただし、注意があります!!

 

ラインには、種類があります。 エステルフロロカーボンナイロンPEなどがありこのうち、PEラインにつきましては、100円ショップの糸切りばさみでは、綺麗に切れない可能性が非常に高いです。 もし、PEラインを使用させるなら、魔界村でPE対応のラインカッターを購入された方が良いでしょう。

 

画像

PE対応のラインカッターはこちらです。

 

いろいろなハサミを試してみた

 

私は、100円ショップに行くたびに、うに切りばさみのような形状のハサミが、売っていないか見て回っていた時があります。 結果は、求めている感じのものは見つかりませんでした。 カニ切り用のハサミなども、使ってみましたがしっくりきません。 ありそうでないんですよね〜!!

画像

やっと手頃なものを見つけた

 

も〜諦めて、ハサミで2,000円コースかなと、思っていた時に見つけましたよ!!

 

うに切りばさみのような、形状でサイズ感、バッチリ〜!!

 

今回見つけた メガチョキ(プロマリン)

 

うに切りハサミ(カザックス)

 

いろいろ使ってきましたが、先が細いのと薄い刃なので、使者(アジ)の延髄部分をカットして締めるのが、とてもやりやすいです。

 

先が細いものは探せばあると思いますが、薄刃のものがなかなか見つからないと思います。 グリップ部分が大きくてしっかりしたものは、さらに見つけにくいと思います。

 

使者との戦いを制して、陸に上げた後は、素早く締めて血抜きを行うのが良いです。 やや先が細くなっているハサミでも、延髄をカットして締めることはできますが、刃の厚みがあったりすると、エラなどが邪魔をして延髄部分まで、刃先をもっていきにくいです。

 

1秒でも早く、締めてあげないと、使者も苦しいです。

 

しばらく使ってみた

 

GETしてから、約半年ほど使い込んでみた。 使ったら、きっちりと洗って乾燥、これを繰り返してみたが、切れ味などの性能面は、特に問題はない。 ステンレス素材なので、錆びにくいが固定ネジ部分の周りが、薄っすらと錆びているように見える。しかし特に問題はないです。

画像

まとめ〜

 

使ってみると、各々意見が違うと思います。 私が、いろいろなハサミを使ってきたうえで、感想などを記事にしていますので、少しは参考になると思います。 おそらく・・・・。

関連記事

 

スポンサーリンク