フィッシュホルダーやフィッシュグリップの魚つかみレビュー

フィッシュホルダーやフィッシュグリップの魚つかみレビュー

画像

 

 

2019-10-14
この記事の概要
戦いを制するために、最後まで気が抜けません!! しっかりと戦いを制するための、フィッシュホルダーについて、私の感想をまとめています。

 

 

画像

勢いは止まりませ〜ん

 

使者(アジ)は、陸に上げても暴れまくりで攻撃を仕掛けてきます。攻撃を避けながら戦いを制するときに、フィッシュホルダー(魚つかみ)が道具として必要になると思います。 まず、フィッシュホルダーには、いろいろな形のものがある。 魔界村??(←分からない方は、この記事をご覧下さい)に行くと、高確率で迷うと思いますので、時短の為に何点か貼っておきます。

画像

安価で手に入れやすいのだが・・・

 

プラつかみ(プロマリン)

 

 

 

画像

 

1.5

 

サクッと手に入れやすいのはとても良い!!

 

だが、一度使うとよくわかると思うが、暴れまくる使者をギザギザの部分で、捕えるのがなかなか難しい。 ゆっくり何度もやっていると、使者が装備しているトゲにやられて、HPを取られてしまいます。 その他、素材の問題と思うが、握ったときに少しシナルので、ややパワフルな使者の場合は、ポロリの確率が高いように感じる。

 

とりあえず、最低限の道具を揃える段階なら、しばらくは、このフィッシュホルダーで戦えると思います。

 

画像

幅もあってつかみやすい

 

 

ワニグリップエアー(第一精工)

 

 

 

 

画像

 

3.5

 

中で繋がっているので、つかみやすい!!

 

幅があるので暴れまくる使者を、ギザギザの部分でがっちりとらえる事が出来る。 ケース付きのタイプも、販売されているが後から、ケースだけを購入出来るのかは定かではないので、初めに選択をしておく必要があると思います。

 

使者(アジ)では、まずないと思うが、くちばし? 口をつまむのは幅があるので難しいです。 私の場合は、ガシラがきた時などくちばしをつまんで、ジグを外すことがあるので、その際は不向きですね。 継ぎ手が多いですが、きっちりとメンテをすれば、長期の使用も出来ると思います。

 

画像

有名アングラ―さんもよく使っているが・・・

 

 

ガーグリップMCカスタム(第一精工)

 

 

 

 

画像

 

4

 

作りがしっかりしている!!

 

プロのアングラーさんが、使っているのをよく見ます。 ケースとセットでの販売となっています。 しっかりとした作りで丈夫ですが、やや重たく感じるのと、ハサミを全開に開くと、握る部分がかなり広がるので、手が大きい方に向いているのかなと思います。 私の手は大きい方ではないので、全開まで広げて使うには、やや手の大きさが足りないようです。 丈夫な作りで長期使用を考えると、コスパの面は問題ないと思います。

 

画像

とても握りやすい

 

 

フィッシュホルダー240C(ダイワ)

 

 

 

 

画像

 

4

 

女性でも握りやすい!!

 

握る部分が、内側に反った構造になっていますので、手を大きく開かなくてもつかみ口が全開に開くのが特徴です。 このフィッシュホルダーは、ケースとセットでの販売となっています。 手は大きい方ではない私には、とても使いやすいので、最近の装備率が高めです。 やや思うことは、豆の使者(豆アジ)は少しつかみにくく感じるホルダーケースの固定フック返しがあまりないのでよくはずれる。 ホルダーケースは落下紛失防止のために、やや対策をした方が良いと思うが、使いやすさはバッチリと思います。

 

画像

まとめ〜

 

いかがでしたか〜? 私が使った感想でしかないので数が少ないですが、ご参考になればと思います。 フィッシュホルダーに限らず道具全般に言える事だが、使ってみないと分からないのが、なかなか困るところである。 メーカーさんの説明などを聞くと、ほ〜なるほどね〜って思い、欲しくなってしまいますが、道具も日々進化しているので、有限資産のおこずかいを、無駄にすることなく愛用できる道具を、揃えていきましょう!! いろいろなタイプのフィッシュホルダーがあるので見てみて下さい。

関連記事

 

スポンサーリンク